髪の紫外線ダメージ

髪は紫外線ダメージを最も受けている

髪は紫外線ダメージを最も受けている

夏が過ぎたら紫外線対策は終了、そんな風に油断していないでしょうか!?残念ながら紫外線は一年中休むことなく降り注いでいます。確かに紫外線量のピークは越えましたが、髪の健康を考えると油断は出来ません。

 

そもそも紫外線対策は夏だけ行えば良いわけではありません。基本的には年中無休です。夏に比べれば量が減ったというだけで、実際には肌なら日焼けも可能な量が降り注いでいます。目に見えないものだからこそ、紫外線のシーズンオフでも対策は十分に施しておきましょう。

 

中でも髪の毛は多くの紫外線を浴びています。紫外線を防ぐクッションとなり肌を守ってくれているのです。そのためダメージも多く受けています。例えば秋口のパサつきは夏のダメージが残った状態だと言えます。

 

それをそのまま放置し、更に紫外線を浴び続けてしまうと今度は冷たい風によってパサつきや乾燥が進んでしまいます。その状態でまた毎日のように紫外線を受けるのですから、まさに負のスパイラルに陥っていると言えるでしょう。

 

これを断ち切るには紫外線のシャットアウトと十分な保湿ケアが必要となります。

 

外出時に帽子を被って紫外線に当たらない日を作ってあげたり、パックやトリートメントで水分・油分を補ったりするのも効果的です。

 

髪の毛用の紫外線防止スプレー等もあるので、長時間の外出には利用する事をお勧めします。またいつも同じ分け目ではいつも同じ場所がダメージを受けてしまいます。時には分け目を変えてダメージを軽減するのも効果的です。

 

最近は男女関係なく紫外線対策を行うようになってきました。しかしその一方で髪の毛の紫外線ケアは疎かになりがちです。実際には紫外線を一番多く浴びているのは髪の毛です。ここは季節に関係なく、毎日のケアに取り入れましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ